シームテープ貼り替え修理

シームテープの貼り替え又は再圧着加工を承っております。

またフライシート等の修理(当て布)にもシームテープを施し、修理箇所の補強をしております。

シームテープがベロベロ剥がれてきてお困りの方、お気軽にご相談下さい。

尚、シームテープが剥がれてしまった・・という事は、既に縫い目から雨漏れしてシームが侵された可能性がありますので
同時に撥水加工をお薦めします。雨漏れしやすくなっているテントにシームを貼り替えても、同じことの繰り返しとなります。

少しでもシームの劣化を遅らせる為、全体撥水若しくは縫い目だけの部分撥水加工がお薦めです。ご検討下さい。

 

   シームテープ貼り替え加工     ​

 

基本料金        2,500円

別途加工費  お見積りにより決定

 

※別途 消費税・送料

Please reload

  シームテープ貼り替え加工費の目安     

 

■1人用フライシート       9,500円 程度
■2~3人用フライシート     12
,000円 程度

■4人用フライシート       14,000円
■5人用フライシート
     16,000円~
 

■タープ           12,000円

■大型シェルター       20,000円

尚、シームテープ貼り替え修理ですが、生地の状況、PUコーティングの状態によっては、「貼り替え」ではなく、再圧着処理」をお薦めする場合があります。この場合、貼り替え価格よりは約2,000円程度お安くなります。
​※、インナーフロアのシームテープはサービスで貼り換えます。遠慮なく行くって下さい。

ローラー型シームテープ専用機

​シームテープ貼り付けの作業画像です。

こんな感じでシームテープを貼り付けています。

※クリックすると動画と共に音楽が流れます。

音楽不要の方は​ミュート設定若しくは

スピーカーの電源をOFFにしてからご覧ください。

パネル型シームテープ専用機

 

 

ガビガビになったシームテープの残骸除去です。

擦ったり歯ブラシで磨いても取りにくいです。ですので1度シームテープを専用機で貼り、

熱いうちにそのシームテープを剥がします。PUコーティングも侵さず綺麗に除去できます。
家庭用アイロンですと熱と圧力が足りないし、熱すぎるたり圧力をかけすぎたりすると

幕を犯すことになりますのであまりお薦めできません。

​これに関しましては「腕や技術」と言うよりも、「道具」の力ですね(笑)

シームテープ貼り替え加工実績の一例

過去の実績

●シェルター

Snowpeakリビングシェル     @24,000円

SnowpeakリビングシェルSサイズ  20,000円

Ogawa ロッジ型(ナイロン製)   @26,000円~(※コットン製除く)
​MSRパビリオン          @36,000円
(※サイズ目安です。MSRはモチヅキ社様へ)
               


コールマン300×300系シェルター    20,000円 ~

 

●タープ

Moss Outfiitterwing(China)    @12,000円

コールマン ヘキサ型         @14,000

コールマン レクタ型       @14,000円

Snowpeak  レクタ型        @16,000円

Snowpeak ヘキサ型       @16,000円~             

上記金額には基本料金2,500円及び消費税、送料は含まれておりません。

その他多数実績ありです。お問合せください。

※但し、ポールスリーブやベンチレーターの構造次第では

一部貼り替えの出来ない箇所があります。予めご了承願います。

 

※PUコーティングの劣化や、重曹などに漬けてPUコーティングが剥がれている状態の

 シェルター(フライ・タープ他)、及びシームグリップ処理済みの幕体には

​ シームテープが貼れないことがあります。

 (若しくは数回雨に打たれただけで剥がれてくることがあります)

Please reload

きたじょう工房

工房: 〒949-3732 新潟県柏崎市北条2095-1  
    
TEL(0257)47-7765 FAX(0257)47-7794
    E-mail gure@leaf.ocn.ne.jp   担当:小暮 

事務所:〒949-3731  新潟県柏崎市東条307-2

   (お電話での修理受付はしておりません)

copyright©2013 Kitajo Kobo All rights reserved.